注文住宅の費用感

注文住宅の相場と内訳

注文住宅は、建売住宅とは異なり、住宅の設計段階から購入者がかかわって、自分のこだわりを込めたオリジナルの住宅を作ることが可能です。どれだけの費用が掛かるかは、設計した後に計算してみなければ、正確に把握することはできません。注文住宅にかける費用は、どれだけこだわりを持って家を設計するかにかかっており、上限は存在していません。費用を掛ける人はどんどんお金を掛けますが、費用を抑えることも可能です。しかし、ある程度の相場というものは存在しており、注文住宅を建てた人の多くは、およそ2000万円代で建てています。次いで3000万円、4000万円です。安ければ1000万円代で建てる人もいれば、5000万円以上かける人ももちろんいます。 注文住宅を経てる際の費用は、大きく土地の購入費用と家の建築費用に分けることが可能です。土地の購入の際には、手付金が5から10%、残金、購入にかかる諸経費という内訳になります。家の建築の際には、工事契約金から始まり、申請費、着工金、登記費用など様々なものが含まれるでしょう。これらの代金は、一括で現金で支払わなければならないわけではありません。住宅ローンを組んで購入することができますが、最低でも全体の10%は頭金として支払うことになるので、用意しておくことが重要です。

注文住宅のコストを抑えるためには

注文住宅の費用に上限はありませんが、計画性なく費用をつぎ込む設計をしてよいというものでもありません。住宅ローンを組むことを考えるのならば、資金計画を立てることが必要です。住宅ローンは収入金額によってどれだけ組むことができるかが決められるので、用意することが出来る頭金の金額などから逆算して注文住宅の予算を立てなければなりません。また、資金に余裕があるとしても、コストを抑える工夫をすれば、相場よりも安い費用でグレードを下げずに立てることが可能です。費用を抑えるための工夫はいくつかあり、ひとつは仕様や設備に関してメリハリをつけるということです。

設計のすべてにこだわりを持つ人は少ないので、こだわりが強い部分には費用を掛け、そうでない部分には安い素材や費用を抑えた設備を用いればコストを抑えることができます。また、複雑な形状の建物を避けることもコストを抑えることにつながります。壁や仕切りが多いほど費用が掛かるので、シンプルな外観や間取りを採用するとよいでしょう。このほか、水回りの設備を一か所にまとめるという方法も重要です。水回りの設備を一か所にまとめると配管設備の工事が容易となるため、コストを抑えることにつながります。