注文住宅を建てるにはどのくらいのお金が必要なのかと悩む人もいるでしょう。一生で一番高い買い物と言われるほどかなり高額の買い物になることが知られていますが、どのくらいの費用感を持っておくと良いのでしょうか。

注文住宅の費用を決める要素

注文住宅にかかる費用について詳しく理解するために必要なのが、どんな要素が費用を左右しているかを把握しておくことです。費用感をつかむための基礎としてどのようなところにお金がかかるのかを確認しておきましょう。

設計にかかる費用

注文住宅を建てるためには、ハウスメーカー、工務店、設計事務所のいずれかに依頼することになります。ハウスメーカーは設計から施工まで全部を社内の人員で行います。既成のプランの中で様々な注文を加えていく…

Read more

建築にかかる費用

一戸建ての家が欲しいと思ったとき、土地から探して自分たちの家族に合った間取りプランを一から考えて建てる注文住宅を建てたいと思っている方は多いのではないでしょうか。でもその時に気になるのが費用面です…

Read more

注文住宅の費用感と工面方法

注文住宅の費用感

注文住宅は、建売住宅とは異なり、住宅の設計段階から購入者がかかわって、自分のこだわりを込めたオリジナルの住宅を作ることが可能です。どれだけの費用が掛かるかは、設計した後に計算してみなければ、正確に…

Read more

注文住宅には住宅ローンを使える

マイホームを建てる時には、建て売り住宅ではなく、自分の希望通りの家が建てられる注文住宅を考えている人もいるでしょう。注文住宅なら、希望する土地を選んで、自分のライフスタイルに合わせた家を建てること…

Read more

注文住宅を建てるお金が足りないなら

現在の超低金利時代において、お金を借りるには願ってもない時期です。住宅購入は、一生に一度の大きな買い物です。ニコニコ現金払い出来る人などほんの一握りに過ぎません。手元のお金では、足りないのは当たり…

Read more

土地の手配にかかる費用

土地代以外にも結構かかる?!

注文住宅を建てる予定の方は、気になっているエリアの広告で『○○万円!残り一区画!」などと大きく書かれている土地を見つけると、すぐ飛びつきたくなってしまうかもしれません。でも、ちょっと待ってください。そこは慌てず、その値段のほかにどんな費用がかかるのか知っておいたほうがよいでしょう。 まず、隅々までそのチラシを読んでみてください。その土地のポテンシャルに応じて、追加で工事が必要になります。まず、水道やガスの管が通っていなければ給排水工事などが発生します。土地のすぐ後ろが斜面だったりすると外構工事もきちんとしないといけません。 そして地盤調査(これも無料ではありません)をして、その土地がもし脆弱だった場合は「地盤改良工事」が必要です。 広告主が仲介会社である場合、仲介手数料がかかります。 印紙税という税金もかかります。売買金によりますが、1000万円を超え5000万円以下の場合は1万円かかります。 さらに、土地の売買契約の時に「手付金」と言って土地代の10%程度を支払います。売主と買主の合意によって決める金額ですので、パーセンテージは前後しますが、自分が用意できる金額を早めに不動産会社に伝えておいたほうがよいでしょう。支払金に含まれるのですが、もしこちらの都合でキャンセルになる場合はその代金は戻ってきません。

土地を買った後も!まだ費用は発生します。

土地を購入すると「登記」と言って土地の持ち主であることを公に証明する登録をしなければいけません。「登録免許税」「登記費用」とよばれるものです。専門的なものですので、司法書士に依頼することになります。その際にも「司法書士の報酬」がかかります。相場としては3万円から5万円と言われています。 土地の売買契約が終わってほっと一息つく間もなく、土地購入後は、家を建てる前に「地鎮祭」といって土地の神様に安全を祈願する儀式があります。必ず行わなければならない儀式ではありませんが、行う場合は費用がかかります。 晴れて新居が完成!となっても「不動産取得税」がかかります。これは一回のみですが、その後は「固定資産税」を払い続けます。 注文住宅の費用は、ざっくり「家にかかる費用」「土地にかかる費用」のふたつに分けられます。 予算が決まっていれば、土地代が安くなるほど、家にお金をかけられます。一般的には土地を買ってから家を建てますので、あとから土地代を安くすることはできませんね。完成前、つまりローンが借りられる前にまとまったお金が必要になるため、土地本体の価格以外にどんな費用がいくらくらい必要なのか、シミュレーションをしっかりする必要があるでしょう。

こだわり派なら注文住宅

注文住宅を建てるのはお金がかかるイメージがありますが、これは設計や建設を行う施工業者ごとに請求金額が異なるためです。業者ごとに建材や建設作業の設定金額が異なるので、依頼の際は注意する必要があります。