注文住宅を建てるお金が足りないなら

借りるなら今!住宅ローンを利用しよう

現在の超低金利時代において、お金を借りるには願ってもない時期です。住宅購入は、一生に一度の大きな買い物です。ニコニコ現金払い出来る人などほんの一握りに過ぎません。手元のお金では、足りないのは当たり前で、そもそも住宅資金だけを考えていれば良いのではなく、教育資金や自動車ローン返済などの生活費で手一杯なのが現実ではないでしょうか。でも、いつかは手に入れたいマイホーム。それを実現するためには、そう「今」住宅ローンを利用しない選択はありません。

バブル期の高金利と比べると、今の低い水準での借り入れは、超お買い得のバーゲンセール並みです。金融機関も様々な商品を用意しているみたいです。固定金利か変動金利か、何年のローンを組むのか等、悩ましい問題はあるとは思いますが、必ず自分に合った商品が見つかるはずです。更に、実店舗に足を運ばなくても、今はネット銀行も利用出来て、非常に便利な時代になりました。ただし、いくら金利が低くなって、借り入れし易くなったと言っても、借金は借金です。金額も半端でありませんので、家族とも十分に話し合い、慎重に検討すべきでしょう。ローン返済が滞ってしまうと、社会からの信用を失ってしまい、今後の人生に影響します。くれぐれも、ご利用は計画的にお願いします。

親から贈与してもらおう!

借金はしたくない、まとまったお金も手元にない、でも「マイホームは欲しい」と願っている方は結構いると思います。あきらめないで下さい。親から、住宅資金を援助してもらうという方法があります。通常、親からであっても、年間110万円を超えるお金を貰うと贈与税がかかります。勿論、注文住宅を建てるには、それ以上の金額が必要ですので、莫大な税金を払わなくてはならなくなります。それでしたら、今の低金利時代ですから住宅ローンを組んだ方がマシだと思うでしょう。しかし、期間限定ではありますが、国が良い制度を作っています。 詳しいことは国税庁ホームページに記載されていますが、家屋の新築のために一定の要件を満たせば、親から援助してもらったとしても2,500万円までは税金がかかりません。建築する日付によっては、これよりも非課税枠が少なくなるかもしれませんが、大変ありがたい制度ですよね。親御さんに資産がある方、是非利用して下さい。また、この制度は親からだけではなく、自分のおじいちゃん、おばあちゃんから貰うものも対象となります。健在であれば、お願いしてみるのも手でしょう。家を新築する計画があるのであれば、資金調達は今からでも遅くありません。

分譲住宅の場合は、既に完成した住宅を購入することが出来るので、すぐに引っ越したいと考えている時には大きなメリットとなります。